全国の宿情報

2017年7月 7日 金曜日

スポーツ合宿、施設の予約方法


こんにちはsmile
梅雨にはいり、暑い日が続きますねcoldsweats01

さて早速ですが...。今年お申し込みが遅く、ご希望地域で合宿ができなかったcrying
という方も多くいらっしゃるのでは?

コスパにも夏合宿が終わるとすぐ、
そのようなお客様から来年のお問合せを頂きます!

しかしcoldsweats02早くのお申し込みと言って、
すぐにご案内出来るわけではございません。
今回は混み合う夏合宿の予約事情をご紹介しますflair

合宿で大変なのは「体育館」「グラウンド」「テニスコート」などの、
スポーツ施設を手配する事。

このスポーツ施設を取る方法は、2つあります!
○宿泊施設の「私有」スポーツ施設を利用する。
○宿泊施設が代行で手配出来る「公共」スポーツ施設を利用する。

「私有」のメリットは
・宿泊施設から距離が近い(徒歩で行けるところがほとんど)
・早くから予約が取れる
「私有」デメリットは
・人気がある為、基本的には「リピーター優先」
 ☆夏合宿の土日は基本リピーター優先で、予約が定まった後で空いている所を、
  予約受付という所が多い為、1年前でも予約が受けられません

「公共」のメリットは
・予約が公平である(予約日に抽選で有るところが多い)
・施設使用料が安い

「公共」のデメリットは
・早くから予約が取れない(自治体によるが、地域により1ヶ月~6か月前予約が多い)

☆結論☆
ねらい目は公共施設を手配出来る宿を探す!
ご希望宿泊日の半年前程からお調べされるのをお勧めしますflair

どうしても私有ということでしたら、リピーターの多い7,8月を避けて貰えると、
ご案内出来る可能性も高いかと思われます!

【書】Y.M

ご宿泊手配は私たちにお任せくださいshine
お問い合わせ・お見積もりのメールは24時間受付中ですmailto
以下のボタンよりお気軽にご連絡くださいphoneto




投稿者 株式会社日本コスパ